読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ込み思案

いつから私は人に話しかけるのがこんなに難しくなったんだろう。前は、馴れ馴れしいくらいだったのにな。最初は本当に小さな変化だったけどお母さんのことがあってからあまり人と深い話をしなくなった。その次の変化は、高校生の頃バイト先の店長の影響ですいませんが口癖になった。これは自分では気付けなかった。アルバイト先のひとで、洞察力がすごいと話題になったひとがいてそのひとにわたしのことも見てと言った時に言われた。店長がかわってからはいってきたひとなのでその店長のことは知らないのに、前の店長の影響ですいませんと言うようになりましたか?自分のミスでなくても時々誰も謝らなくていいところでも謝りますよね。と言われた。前の店長に、怒られたり無視されたりされ続けた時期があった。最初は反抗していたけど、謝るとすぐに機嫌が良くなることに気付いてすぐに謝るようになってしまった。

バイト先の友達がある日突然知らない人をつれてきて、あんたのことが嫌いだからずっとこうしてきたのに、どうして何も気づかないのか、と怒ってきたことがあった。あれもこれも全部嫌がらせだったと言われた。友達だと思っていたのに。その日も私の友達を紹介すると言われたのに、会った瞬間怒られてそこから2人に怒鳴られたり脅されたりした、でも全然怖くなかった、友達だと思っていたのにという気持ちしかなかった。あんたには人の気持ちが分からない、全部あんたのせいだと言われた。そうなのかもしれない、私は無神経だからひとにされて嫌なことが少ない、代わりにひとに嫌なことを平気でしてしまう。割愛するけど同じ時期に自分はひとつも悪くないのにという気持ちのまま謝るということを経験した。一度それをしてしまうとできるようになってしまう、私はどんどん堕ちていく。そのあとも理不尽な理由でアルバイトや仕事を辞めることになったことが二回続いた。そんなことで生きていく手段を奪われるのかと思った。私は、私にできることをただただしているだけ、人を傷つけようとしたことなんてない。少し変わっているのはわかっているけど私もみんなと同じ人間なのに、誰かを傷つけようと思ったことなんて 一度もないのに。

変わっていると言われるの嬉しいでしょと誇らしげに言ってきたクソジジイ客に思った。ふざけんな。人は人それぞれに悩んでいるし今私はそうですねと笑ったけどみんなみんな笑ってるけど本当はそんなこと思ってない。もしかしたらみんな本当は笑ってないかもよ?でもあなたの見える世界はそうなんでしょ、バカ乙。人は12通りなんかじゃ分類できない。