読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こわい

信じる=期待 でしょと思ってしまう。

そもそも本当に来るかどうかも分からない。嘘をつかないあの人は、過去のあの人であって、今のあの人がどんな人間なのか全く知らない。傷つけ合ってお別れして、もうずっと連絡もとってない、他人。過去は美化される、私はあの頃のあの人が愛おしくて仕方ない。でもそれは、未練というよりは、死んでしまった人を愛おしむような気持ちだ。なんかどうでもいいな、と思った、今。ごめんとか感謝とか、もういいよ。私だって変わってしまった。あの人からの電話、とても嬉しかった。でももう素直に喜べる私なんていない。今の私は、怖いという気持ちが前に出てしまうから。桜を見に行こう、なんて自分で言ってびっくりした。願うのはひとつだけ、一瞬だけ、あの頃のあなたに戻って、ありがとうを言わせて。人は中途半端なことは忘れられないんだって。私の気持ちに終わりが欲しい。死んじゃったあなたにありがとうを言わせてほしい。嘘でもいい、偽物でもいい、私はこの恋を終わらせたい。長かった、苦しかった、本当のさよならをしよう