ユメ

変な夢だ。足が冷たい。

私だって一番だと思ってるよ、という言葉をのみこんだ。好きだとかそういうの、私は言う資格がない。そんな気がして言えなかった。