闇〜〜〜〜!!!

堕天使おもろい。中二病かよ。って話をしていて私も堕天した〜いって言ったら十分闇落ちしてると言われてはっとした。

今年も半分終わったけど、目標、背伸びして生きるの辞めたい。本当は単純短気でバカなのに、優しいふりして、強がってか、気にしない自分を演じてて、でも長持ちしなくって。背伸びしているから何を言われてもヘラヘラしている。時々息が続かず素に戻り、完全に別人になってまう。アカンやつ〜。

いつもだったら、まじで?笑とか言って終わりなのにすごい言ってしまった。女子高生引いてた。口をついてでてしまったのでどうにもならないけどとても後悔した。だってまじで早いと思わないんだもん。仕事が早い・仕事ができる ということを勘違いしていると思う。昔 仕事ができるひとは自分がいなくても仕事が回るようにしている と聞いたことがあり、それを軸に考える癖をつけることがアルバイトをする中での目標なんだけど、これだから食い違うのかなとも思う。いや、それ以前の問題だなやっぱり。何かを省略した時間を自分の速さと勘違いする説が濃厚。

例えば伝票を捨てるか捨てないか。捨てない先輩が多いが私はそれはもう論外だと思う。この前最高に使えねえと思ったのは、5時前でちょっとバタバタし始めてしまったときに、ずっと外にいたけどふと中に入った時。冷えたグラスが冷蔵庫にひとつもない、、洗ったグラスの流しに氷のひとつもいれてない、、おまけにドリンク用の氷も少ないし洗い物もつけてない、、今ビールはいったらどうすんねん!!!それをせっせと復旧させていると代わろうか?って言われた。ハァ??おいおいおいおいおい、ハァ?と思ったけど(語彙力)どっちでもいいよって言った。代わりという言葉の意味をよく考えて欲しい。俺がやるというのは聞き流せるけど代わろうかはどうしても聞き捨てならない。あなたはたしかにやれるだろうけど、私の代わりにはなれないでしょ、それが今私が急いでいる理由だよ。冷静に考えてほしい、あなたが私と比較したときにできてない部分がなければ私は今急いでない。私は仕事がめちゃくちゃできるわけではないけど速さと目的に直結することを省略したりは絶対しない。それが自分のやり方だし最終的に自分がどうなりたいかでこれを選んでいるのだから自信を持ってやってる。それを顔色だけみて勝手に判断しないでほしいしやるならちゃんとやってほしい。やろうとしてできないのはいいけどできてないのにやれてる顔するのはダサい。そしてそれを伝えらない私も同等にダサい。ちゃんと受け取ってもらえるかどうか怖い。真剣に伝えても、「言うじゃーん」とか「〇〇先輩さーせん(私が後輩なので嫌味です)」などとふざけた返しをされそうで、されたら傷つきそうで、悲しくなりそうで、怖くて言えない。傷つく覚悟がないので生きづらい。弱い自分を変えるのは強い行動だけなのに、わかっててできないのはやっぱりサイテー

うそ

ばれないうそをついたのに、どうしてほんとのこといったんだろ。あの人の中の自分は変わりたくなかった。もう会えないのだから、もう動かないのだから、ずっと変わらないあの頃の私のままでいたかった。動かない時間の中にしかいないのに。つづきなんていらなかった。あの人に会えない。もうぜったい会ってはいけない。絶対なんて今まで一度もなかったくせに、これだけはちゃんと絶対だからこの世がほんとにほんとに大嫌い。

消えてしまえと思った。あのラインおくったとき。もうあの頃のわたしなんていないんだよと言いたかった。あのひとに、ほんとはわたしに。あなたと電話していると過去の中にもう一人自分がいるような幸福感にさいなまれる。つまり私は死んでない。それがいや。死は復活。私はもう死んでる。だから今こうしている。ほんとうにしにたかった。あなたは分かるんだろうか。私がみた景色も悲しさも。

ドラ松あんま高まらない

あんまり高まらないけど「じゃあ間とって終身刑でいい?」「どこの間をとったんだ〜〜?」はくそ笑った

倫理倫理道徳


そんなものもう必要ない。人は人を傷つける、生き物だから本能で。ただ人間は理性も持っている。それでも傷つけたいんだよみんな。それならそれでもういいじゃん。

性善説性悪説か?私はどちらかといえば性善説だと思う。人は悪を学び生きていく。これについて語った友達Aは性善説だと言ってた。この世が無秩序になればみんな自分のしたいことをする、みたいなことを言っていた。この世は無秩序だろ。食べ物を盗るを例に出して話していたがまったく腑に落ちなかった。だって私が例えばAが今食べてるお菓子が食べたいと思っても盗ったりしないのは秩序があるからだって言いたいんでしょ?私が5歳なら多分奪い取ってたけど、20歳の私はそんなことしない。だから性悪説だということでしょ。ちがうよ。結局その行動の元の部分はなんにも変わってないじゃないか。私がAからお菓子を奪い取るのも奪い取らないのも自分のためじゃん。20歳になるまでいろんなことがあって人を怒らせると面倒なことになると学習しているんだよ。5歳の子はそれを知らないだけじゃん。もしAのお菓子勝手にとってみ、Aにふてくされられて帰られてさんざん悪口言われるだろう。絶対。それが分かってるからとらねんだよ。もしそういう相手じゃなかったとしても、嫌われたくないとか、人のものをとるなんてだめだとか、自尊心とか、信念とか、結局結局全部自分のためだからね。幸せになってほしいとかいう気持ちも結局自分本位だから。その人が幸せになることで自分は幸せを感じる、その人に何かあれば自分が悲しいから、だからむきになって怒ったり、涙したりするんだ、自分のために。大切な人がいる人は。

良い行いだって結局自分のためだ。私だってそうだ。プライドのかけらもないくせにいっちょまえにたまに良いことしてみたり、人に優しくちゃったりする。それは、自分で自分をすきになりたいと思ってるから。だから周りを利用してるだけ。自分のために。優しくできるところは、自分にできることは、ほんのちょっとむりをすればできることくらいは、なんでもやる。なんでもっていっても、できることなんてほんとにちょっとだけなんだけど。

生きていけばいくほど、自分のためにが深くなっていく、そんな気がする。

なんで怒ってるか分かる?という頭の悪すぎる質問

そんなの分かるならお前が怒っているこの現状はなんなんだよ起こり得ないだろ。ちょっと冷静に考えてみろよ。お前の前で分かんないってまぬけな顔して言ってるやつがそんなの分かると思うか?分かる人間なら最初からやらないだろ。というかそんな人間多分いない。psychicか。そしてpsychicでないけれど分かると答える場合それはお前を怒らせる前提でやったということなので今怒ってる理由は何かというところでつまづかないだろ。こちらの場合でもこの質問をするひとは頭が悪すぎるという結論になる。私の中ではな。むしろこの場合式と答えに例えるならお前はむしろ答えの方だと思う。式が答えはどうなりますかと聞くのもやや変だけどまだわかる。でも答えが式にむかってなんでこの答えなんですかとは言わないだろ。いや怒るだろうなあと思ってやったしそれで今怒ってるのがあなたでございます。そんな感じです。まあそんなケースは稀というかめったにないからあれなんだけど。でもさこの質問をするひとはこいつ答えがわかると思って聞いてるわけだからそういうことになるよね?わからない前提できいているの?それもそれでむっちゃ頭悪く無い?

まあ普通に考えて、されて嫌だと思わないから私は平気でそれをその人にして、それでその人が怒ってるということだよね。だからこの質問は意味不明だ。お前は俺を怒らせたいのか?と言うのは100歩ゆずって分かる。でもなんで怒ってるかなんて分かるなら最初から怒らせてなくない?自分のされたら嫌なことを当たり前に他人におしつけないで。私はべつにされても嫌じゃねーからやってんだよ。ああそういう人間なのかと思って諦めるか俺はこういうのが嫌なんだよと言って歩み寄りを謀るかどちらかにしてくれ。それで歩み寄ってくれない相手は理由はどうあれあなたには歩み寄れない人。あなたに問題があるとか相手に問題があるとかじゃないし善悪なんてダサい言葉は登場しない。歩み寄りがないならそれまでの関係ってこと、それだけの話だよ。

他人が自分の思い通りになると思っているからじゃないですか?ビンゴ〜〜?と答えたいです。

死んだひとみたい

もう死んでるけど


f:id:nyaaaaaagoro:20170504032154j:plain

f:id:nyaaaaaagoro:20170504032209j:plain


私はマンガだったらこんなかおなのか。

私が明日いなくなったら、お花をたくさん飾り付けてもらえるのだろうか。きれいにしてもらえるのだろうか。みんながお葬式から帰ってったあとに棺のなかであっかんべーしていたいんだよね。そんなのファンタジーだよね

あの世

この前あの世の夢をみた。夢の中はほんとにいつもめちゃくちゃだな。

人は死んだらどうなるのか。私たちの意識は脳の電気信号でしかない。それがなくなる以上私は私でなくなる。たったそれだけの話だ。

それでも信じたくなるのは、なんでだろうな、あんな夢見ちゃったからかな。そもそもこの世のことがよく分からない。宇宙はどうしてあるのか。本当は私たちなんかより大きな生命体がつくったただの箱庭?実験?おもちゃ?誰かの水槽の中?

死んだら天国地獄だなんて誰でも一度は聞いたことがあるけど地球上には天国と地獄がある。だったらこの世はあの世ではない?天国であるはずの日本にも地獄は存在する。紛れもなく日本は天国だが、今の自分の生活や日々に満足できない=地獄であり、人を傷つけて地獄を作り相対的に天国をつくる、そんな人たちもいる。地獄に落ちないこと。それはとても大切。私は高校生の頃始めたバイト先で色々なことがあったし、卒業してからも、人間関係では泣きを見ることが多かった、とくにひどかったのは契約社員で働いた病院。深く傷つくことが続いた。(母親の死んだときの家族からの疎外感、今では親友である友人とのトラブル、急に態度を変えてくる友人、身近な人たちからも傷つけられたし私も無神経に人を深く傷つけてきた。生きていれば傷は避けられない時もあるのに、意図的に人を傷つけるってすごくね)

人を信じるは人に期待すると同じ。

その人がどういう風に生きたってその人の自由であるし、善も悪もない。そんなひとではないだとか、そんなのはただの妄想、おしつけだよ。人はそれぞれに守りたいものや自分の善悪を持っていたりする。人間はすぐに同情したがるくせに綺麗事が好きだから矛盾するんだ。人に期待するのではなく自分に自信を持って動いたほうがいい。人を傷つけ貶めようとするひとだってこの世にいるんだ。それは誰も変えられない事実だ。その事実を見るか見ないかという話だ。でもそういう人たちは、そうすることでしかもう幸せを感じられない。そう書けばどうせ可哀想だとか思うんだろ。私は思わない。ただのバカだと思う。幸せの感覚がバカになっている。だからそういうひとたちは、これ以上なんてないのだからもう誰かを貶めることで相対的に幸せになるしかないんだよ。呆れるでしょ。私はここ数年まんまとそいつらに地獄に落とされてきた。でも、そいつらじゃないひとたちは、私が地獄に落ちると心配したり気がかりだったりするんだ。そいつらがあっち側だとしたら、こっち側は誰かが地獄に落ちれば悲しい。私だってそうだ。友達が傷ついていれば悲しいし腹が立つ。自分みたいなバカには気づいて欲しい、自分が地獄に落ちることでそういうひとたちにそんな思いをさせているのも問題だって。

地獄は私に幸せになんかなれないのだという刷り込みをくれた。誰かと仲良くなれば距離をおきたくなる。優しいねと言われると騙している気持ちになる。楽しいと早く終わらせたくなる。本当に私が大切にしたかったひとたちに、心配や迷惑をかけてまで、私はそいつらの天国を作るための地獄でいつづけた。一番のバカは私だ。人が人を傷つけるのは当たり前、という書き方をしてきているけれど、「傷つく」というのは本当に、痛く、消えない、言葉では表せない、つらいものだ。自分に自信がないので他人にすべてを委ね期待した代償でもある。あの頃は、人は自分と同じ、みんなは私で私はみんなだと思ってた。

そうではない。私は私でしかない。自分が1番大切にすべきは自分であり、こちら側の人間である。あっち側の人間の幸せの踏み台になることはないしもう傷つかない。

地獄に落ちないこと。これが今年の目標かな。

そして誰にも地獄を見せないこと。